「利回りだけでは判断できない」失敗しない不動産投資をわかりやすく解説(Q&A)

  • 業務拡大につき求人募集中

不動産投資(アパート経営)に関するQ&A

(1) 収益物件(アパート)の入居者募集について

Q 入居者募集のほうは大丈夫でしょうか?もし、満室にならなかった場合はどうなるのでしょうか? 空室が出た場合の収入の減少が心配なのですが?

A 入居は場所と家賃でほとんど決まります。当社では十分な収入につながる入居が見込まれるような場所選びから、的確な家賃設定まで入念な調査をして御提案させて頂いておりますので心配はいりません。不安だと思われる方は、「一括借り上げシステム」(新築のみ)をご利用になれば、入居に関しての心配はなくなります。詳しくはお問い合わせ下さい。


(2) 収益物件(アパート)購入時の融資について

Q 収益物件(アパート)購入時の融資は受けられるでしょうか?融資の手続きはどのようにしたらよろしいのでしょうか?

A 物件の収支、自己資金、担保にもより変わりますのでまずは一度ご相談下さい。面倒な手続きは当社が代行させて頂きますので、ご心配はいらないと思います。融資に関しましてはお客様のお付き合いのある金融機関でも結構です。


(3) 収益物件(アパート)購入時の頭金について

Q 収益物件(アパート)を買うには頭金が必要だと思いますが、どれくらい必要なのでしょう?

A 頭金は基本的には物件価格の20%〜30%ですが、場合によっては頭金がいらない場合もあります。


(4) アパート経営とマンション経営の違いについて

Q アパート経営とマンション経営とはどんな所が違うのでしょうか?

A まず、空室率の点から説明しますと、ワンルームなどのマンションの場合は、入居していれば入居率100%ですが、空室になると0%になります。つまり、100か0かの世界ですからリスクが高い商品と言えます。この点、1棟もののアパートの場合ですと、例えば20世帯の物件ですと2室空いても入居率は90%ですから、リスクヘッジになるわけです。

次に、管理の面ですが、マンションの場合は区分所有権となりますので、廊下や階段などの共用部分の管理がマンション全体での管理となり、個々で決めることができません。また、別々のマンションを数戸経営する場合では、管理も行き届かなくなりがちになってしまします。この点、アパート一棟ですと、一括で管理会社に依頼できますので安心、かつ手間も省けます。


(5) 家賃設定について

Q 収益物件(アパート)が古くなれば家賃を下げる必要性があるのでしょうか?

A 当然、古くなれば家賃が下がることを考慮しなければなりません。当社では、長期的に入居率が高く家賃が下がっても十分に収支が見込める物件をご紹介しております。


(6) 賃貸管理について

Q 入居者の募集などはどうなるのでしょうか?家賃滞納や苦情処理に関しては、どうしたらよいのでしょうか?

A 当社による広告だけではなく、より多くの賃貸専門業者と提携し、幅広くネットワークを広げ入居者を募集するシステムを取っております。当社に賃貸管理を任せて頂ければ、家賃滞納や苦情処理だけにとどまらず、メンテナンス及び退去後のリフォームなど、全てこちらの方で業務を代行致しますので、オーナー様は一切お手を煩わす事はありません。 詳しくはお問合せください。